道具

これから縄跳びを始める人必見!大人の縄跳びの適切な長さとは?

更新日:





縄跳びと言えば小学生の頃、体育の時間でよくやらされた思い出を持つ方も多いのではないでしょうか?

縄跳び一本さえあればどこでもできるので、大人になってからもトレーニングやダイエットの一環として縄跳びに挑戦したいというかたも増えてきています。

でもこの縄跳び、長さの調節がうまく出来ていないとすぐに身体に引っかかり、イライラさせられてしまいますよね。
実は縄跳びをうまく飛び続けられない一番の原因はロープが適切な長さになっていないことにあります。

今回は上手に飛び続けることができる適切な縄跳びの長さについてみていきましょう。

縄跳び
no image
縄跳びの技の種類!

人間は、歩くから始まり走る、飛ぶ、スキップする事を覚えていきます。 成長する度に、運動が健康やスポーツに役立ち意味のある事に変わります。 中でも、学校では、勉強プラス人間教育、運動能力の基礎を学ぶよう ...

スポンサードリンク

大人が縄跳びをするときの適切な長さとは?

短すぎる場合と長すぎる場合の弊害をあげてみました。

短すぎる場合

想像してみてください。短いロープが頭に当たらないため首をかしげ、縄跳びが回転するたびに手首を上下に激しく動かし全力で飛び上がる自分の姿を…。表情も終始しかめっ面で、きっとすぐに疲れて縄跳び自体が嫌になってしまうでしょう。

縄跳びが短すぎると膝と足首の関節を余計に曲げて飛ばないといけません。他にも手首を地面に近づけたり、首をかしげて縄が頭に当たらないようにしたりと無理な姿勢で飛び続けなくてはならなくなります。

さらにロープが短すぎることによって縄跳びの回転速度が増し、ジャンプと着地のタイミングを速めなければならないためすぐに疲労し引っかかりやすくなってしまいますね。

長すぎる場合

ではロープが長すぎるとどうなるのでしょうか?

どちらかというと長いほうが短すぎる場合よりも飛びやすくはなりますが、問題は長すぎて余った縄跳びの中央部分が地面に当たって上に跳ね返ってしまうことにあります。

これは縄はねと言って縄跳びに詳しい人たちの間ではよくつかわれている用語。縄はねのせいでジャンプした脚先に縄跳びが引っかかり失敗の原因になってしまうのです。

多少の縄はねがあったとしてもゆっくり回せば引っかかる率は下がりますが、ベッタンベッタンとロープを地面にすりつけながらのジャンプはまるで幼稚園児の縄跳びのようです。タイミングも遅くなり効率的なトレーニングとは到底いえません。

スポンサードリンク

適切な長さとは?

上記のように縄跳びの長さが短すぎても長すぎても、うまく飛び続けることができず、三日坊主で「やーめた」なんてことになりかねませんよね。

やはりロープの長さを適切に調整することは縄跳びを効率よく楽しむための必須条件と言えるでしょう。

では長い時間疲れずに飛び続けられる長さの目安はどういったものなのでしょうか?

まず縄跳びの持ち手の付け根のほうを左右の手で握り、両足で縄跳びの中央部分を踏みます。
さらに脇をピッタリ閉めて両肘を90°に曲げた状態で左右に開き手首はまっすぐ構えます。

この時、ロープがたるんだり逆に突っ張ったりしないことがポイントです。
なぜ、この位置がベストなのかというと、この状態だと手首が身長のちょうど真ん中の高さになり、ここを軸にして縄跳びを上下に旋回させることができるからです。両足で踏んで余裕を持たせることで頭の上を引っかかることなく通り過ぎ、且つジャンプした際ロープが地面について跳ね返り足に引っかかる心配もありません。

 

よく適切な長さの算出方法に身長+55センチと言う記述を目にしますが、この方法はやや大雑把な基準だと言わざるをえません。何故かいうと人の身体の幅や手の長さにはそれぞれ個人差があるからです。

この方法をうのみにすると同じ身長でも人によって短すぎたり長すぎたりという問題がでてきてしまいます。

縄跳びの長さを調節する方法

調整手順

適切な長さが決まったら実際に調整してみましょう。
まず左右どちらでもいいので持ち手の固定部分をあけ、中から縄の端をだします。

上記の方法で適切な長さを導き出してしるしをつけカットしていきます。

ここで留め具から先端まで5センチほどの遊びをつくっておくのがポイントです。この遊びが長すぎても持ち手が重たくなり腕が疲れる原因になってしまうので注意してください。

ただし、切りすぎは禁物。一度に切ってしまうのではなく余裕を残しながら少しずつ調整していったほうが賢明と言えるでしょう。
カットがすみ、適切な長さに留め具を調整したら固定部をしっかり締めて完了です。
これであなたにぴったり合った長さの縄跳びが完成しました。

短くし過ぎた場合の救済方法

ビニール製の縄跳びの場合だけになりますが、短くカットしすぎてしまった時の救済方法があります。
つなげたい縄の両端をろうそくなどの火に近づけ熱で溶かします。両方の溶けた部分を強く押さえつけ、くっつけることによって切れたロープをつなぎ合わせることができるのです。

最後に溶けてはみ出た部分ハサミできれいにカットするといいでしょう。

ただし布製の場合は接着することは難しく、仮に結んでつなぐことができたとしても持ち手以外の場所に結び目があることでバランスが悪くなりきれいな弧を描くことができなくなってしまうのでおすすめ出来ません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
縄跳びは短すぎても長すぎても上手く飛び続けることはできません。

しかし、使い始めるときにきちんと調整しさえすれば効率よく楽しんで続けることが可能です。
きっとあなたにとって最適なトレーニングになることでしょう。

スポンサードリンク



おすすめ記事

1

縄跳びでは腹筋と有酸素運動の効果が期待できます。 縄跳びは、この効果だけではなく適度に運動状態で負荷がかかっているので、インナーマッスルや瞬発力なども鍛えられるのです。 それに、縄跳びでの運動で鍛える ...

2

運動神経がよくなるや、身長が伸びる!と言われている縄跳びですが子どもが縄跳びをする効果とは何があるでしょうか? 子供の頃に縄跳びをしておくことで様々な効果が期待されています。 今回は、子どもの縄跳びの ...

no image 3

人間は、歩くから始まり走る、飛ぶ、スキップする事を覚えていきます。 成長する度に、運動が健康やスポーツに役立ち意味のある事に変わります。 中でも、学校では、勉強プラス人間教育、運動能力の基礎を学ぶよう ...

4

縄跳びはいつでもどこでも手軽にできるスポーツです。そんな縄跳びにはエクササイズ効果などもあって、ダイエットしたい人にもおすすめです。 縄跳びをするとどれくらいカロリーを消費することができるのでしょうか ...

-道具

Copyright© 縄跳びの効果大研究! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.