子ども 縄跳びの技

子どもに縄跳びのとび方を教える方法とは?とべないのは何が原因?

更新日:





縄跳びは幼稚園から練習する事が多いですよね。大人で縄跳びが飛べない人はいないと思うのですが、幼稚園児などの子どもだと上手く飛べない人は意外とたくさんいます。

では、そんな小さい子供がどうやったら上手に縄跳びを飛べるようになるかを紹介したいと思います。

もし、小さい子供に縄跳びのとび方を教える事がある人は参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

縄跳びが飛べない幼稚園児に跳べるようにするための教え方

では、小さい子供に教えるにはどうやって教えたら良いのかを紹介します。

まずは縄の持ち方から教えてあげましょう。縄がきちんともてなければ上手に縄を回す事はできませんね。上手に回すためには縄を両手で持ち、両手を挙げて縄を体のうしろに担ぐように構えます。

そして縄を半円を描くように体の前に回し、両足同時にジャンプをして全身をしながら飛び越えます。そして、次は縄を飛ぶ練習なのですが、最初から縄のリズムに合わせて飛ぶのは難しいので常にピョンピョン跳びながら縄を回してみましょう。

これが出来るようになれば徐々に縄のリズムに合わせて飛ぶことが出来ますよ。そして、子どもにとってとても大切なのは少しでも出来るようになったら褒めてあげることです。

子どもは褒められると嬉しくなってもっと練習をするので上達したら褒めてあげると良いですね。

跳べない原因とは?

縄跳びは人がやっているのを見ると簡単そうに見えるのですが、幼稚園児だとなかなか上手に飛べない場合があります。

その原因は飛ぶと回すを2つ同時に行うのが難しいからです。小さい子供だと上手に2つを同時に行えない場合があり、それが飛べない原因になっています。

縄跳びは跳びながらなおかつ縄を回さなくてはいけませんね。小さい子供にとってはそれがとても難しく感じるのでしょう。そして、もう一つ意外と忘れているポイントは縄の長さです。縄跳びに入る前にまず大切な事が縄の長さが自分のあっているか確認することです。

いくら上手に縄を回す事が出来ても縄が自分の身長にあっていなければ上手に飛ぶことは出来ませんね。始める前にしっかりと調節してから縄跳びの練習をするようにしましょう。ちょうど良い縄の長さは両足の縄を踏んで肩の少し下くらいの長さです。

子どもも身長にあわせて調節してあげることが大切です。

スポンサードリンク

練習方法とコツ

縄跳びは自然の法則に反した動きをしています。本来なら腕を振り上げその勢いでジャンプするところを縄を回すために腕を振り下ろすからです。そのため、この動きを上手にマスターする必要があります。この動きが出来るようになるにはジャンプしながら手を叩くという練習をしてみましょう。

そして、もう一つは向かってくる縄を飛び越えるという練習が必要です。練習方法としては地面に置いた縄跳びをジャンプで超えるという簡単な方法から始めましょう。または、転がってくるボールをジャンプでよけるという練習も効果的ですね。

そして縄跳びの練習になったら跳び方を練習しなければいけません。縄跳びのジャンプはただ飛べば良いというだけではなくて連続して一定の速さで飛ぶことが必要です。そのためのコツはつま先を使ってジャンプをすることです。そうするとジャンプをしやすくなるのである程度縄にあわせて飛べるようになったらつま先で連続ジャンプを練習すると長く飛べるようになります。

そして、縄跳びが飛べない子どもに多いのが腕ごと縄を回してしまうケースです。腕を回すと縄回しが安定しないので縄を飛び越えるのが難しくなります。腕を回さないためには肘を横につけた状態をキープしてその状態で手首だけを回して上手に縄を回せるようになれば縄跳びを上手に何回も飛べるようになるでしょう。

また、掛け声をかけてあげるのも良いですね。縄を飛ぶタイミングで「ハイ」と声をかけてあげると上手に飛ぶことが出来ますよ。上手に飛べるようになるために一緒に練習をしてあげてくださいね。

まとめ

このように、幼稚園児にどうやったら上手に跳び方を教えるかを紹介しました。大人なら簡単なのですが、小さい子供にとっては2つの動作を同時に行うのは非常に大変なことです。ですが、子どもはすぐに覚えるのでコツさえつかんでしまったらあとはすごい速さで上達をしていくでしょう。コツを覚えるまでが少し時間がかかるので大人が上手に教えてあげてくださいね。

縄跳びは幼稚園から小学校に入ってもずっと行うので出来るだけ上手に飛べるようにしてあげると良いですね。まずは大人が見本になって子どもに見せてその後子どもに跳び方のコツを教えてあげると良いですよ。縄跳びを今まで子どもにおしえたことがない人は大変かと思いますが、コツさえ教えてあげれば後は自分で上手になっていくので根気良く教えてあげてくださいね。

もし、教え方が分からない人は上記で紹介した縄跳びの教え方を参考にしてくださいね。そして、子どもが上達しやすいように考えてください。

スポンサードリンク



おすすめ記事

1

縄跳びでは腹筋と有酸素運動の効果が期待できます。 縄跳びは、この効果だけではなく適度に運動状態で負荷がかかっているので、インナーマッスルや瞬発力なども鍛えられるのです。 それに、縄跳びでの運動で鍛える ...

2

運動神経がよくなるや、身長が伸びる!と言われている縄跳びですが子どもが縄跳びをする効果とは何があるでしょうか? 子供の頃に縄跳びをしておくことで様々な効果が期待されています。 今回は、子どもの縄跳びの ...

no image 3

人間は、歩くから始まり走る、飛ぶ、スキップする事を覚えていきます。 成長する度に、運動が健康やスポーツに役立ち意味のある事に変わります。 中でも、学校では、勉強プラス人間教育、運動能力の基礎を学ぶよう ...

4

縄跳びはいつでもどこでも手軽にできるスポーツです。そんな縄跳びにはエクササイズ効果などもあって、ダイエットしたい人にもおすすめです。 縄跳びをするとどれくらいカロリーを消費することができるのでしょうか ...

-子ども, 縄跳びの技
-, , ,

Copyright© 縄跳びの効果大研究! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.