未分類

縄跳びの技プロペラとはどんなとび方?やり方とコツとは?

更新日:




縄跳びをしたことがある人は多くおられると思います。

縄跳びは学校の時間でも行うことができますし、スポーツ選手ならば体力の強化などで縄跳びを使用する方もいます。
縄跳びの飛び方にも種類があり、飛び方によって難易度も変わってきます。

いろんな飛び方がある縄跳びですが、プロペラという飛び方を聞いたことがある人はあまりいないかもしれません。
学校などでも習わない飛び方かもしれませんが、

今回は縄跳びのプロペラとはどのような飛び方なのかを紹介していきたいと思います。

縄跳びの技
返しとびの練習とコツ

縄跳びは小学校の授業で行なわれる他、現在では手軽に始められる健康法として、老若男女に実践されています。 縄跳びは前跳び、後ろ跳び、二重跳びなどが一般的ですが、「返しとび」という跳び方をご存じでしょうか ...

縄跳びの技
no image
とんびの練習とコツ

縄跳びは手軽にできるエクササイズで、学校などでお子さんが練習しているという保護者の方も多いのではないでしょうか。 小学校で縄跳びを練習しているという小学生もおおくいますし、練習して上手くなるとだんだん ...

スポンサードリンク

技「プロペラ」とは?

縄跳びのプロペラという技は、なぜそのような名前なのか?と言うと飛び方に特徴があるためです。
プロペラという技は縄をたたむときの縛り方でまとめ、足首に縄の輪を引っ掛けます。

それを足首の高さで水平に回して水平に回して、もう片方のところに来たら跳ぶという感じです。
飛び方がヘリコプターのプロペラのように回す跳び方からプロペラという風に呼ばれているのではないのかと言われています。

どんな跳び方

プロペラという飛び方の名前の由来は分かりましたが、どのように跳ぶのかについて紹介します。

プロペラという飛び方は縄を地面すれすれにプロペラが回るように回してその縄に当たらないようにジャンプしていきます。

縄がプロペラのように回ってくるところを足が引っかからないように跳ぶことで、リズム感とジャンプ力を身に付けることができます。
大人が行う跳び方というよりは小さい子供が縄跳びを使用して遊ぶときに利用することができる跳び方です。

 

プロペラジャンプは1人では無く何人かで一緒に跳ぶこともできます。
1人がプロペラのように縄を回してその縄を跳んでいくという方法です。
縄を回す人は目が回ってしまうかもしれないので、ジャンプする人とプロペラのように縄を回す人を変えていきながら、プロペラという技をしていくことができます。

プロペラという技を行うことにより、手足を器用に動かさなければならないため、小さい子供ならば運動神経を鍛えていくことができます。
また、全身を使って運動するため筋力を鍛えていくこともできますし、バランス感覚を覚えていくこともできます。
リズムの感覚も覚えていくことができます。

プロペラという跳び方は遊ぼ感覚で行うことができるので、何回跳ぶことができるのか競うことでより盛り上がることができます。
競争心が働いて頑張ろうという気持ちを付けることができますし、持久力も身に付けることができるためプロペラという技は一度行なって見ると良い跳び方だと言えます。

スポンサードリンク

練習法とコツ

縄跳びのプロペラは縄を2つに折って腕をぐるぐる回すことでプロペラの回し方を身に付けるための練習をすることができます。
簡単な練習法だと思うので、プロペラの技のために練習するだけだとしなくても良いのではと思うかもしれませんが、この練習法はぜひ小さいときから行なっておくことをおすすめします。

このプロペラの技の練習法は腕を早く回すことの練習法にもなるため、後に二重跳びや三重跳びの練習としても活きてきます。
二重跳びや三重跳びは腕をしっかり回す必要があるので、いきなり二重跳びや三重跳び跳
をしようと思っても難しくて跳ぶことができない人が多いです。

そのため、小さいときからプロペラの技を磨くために、この練習法を行うと二重跳びや三重跳びのための練習となり、成長してから二重跳びや三重跳びをするときに苦労しなくて済む可能性が高くなります。

プロペラの技を練習するコツとしては早く腕を回すようにすることです。
そうすることにより腕の筋肉を鍛えることもでき、縄跳びの縄を回す早さも早くなってくるからです。
小さいときから練習することをおすすめします。

 

まとめ

縄跳びにはプロペラという跳び方がありますが、この跳び方は大人も行うことができますが、小さい子供が行うことによって遊びの1つとして利用することもでき、子供の頃に必要な筋肉やバランス感覚、リズム感覚を鍛えることができる跳び方だと言えます。

プロペラの技によって縄跳びから友達をつくることも可能ですし、運動に必要なバランス感覚などを覚えさせるのにも役に立ちます。
プロペラの練習法は一見意味がないように思えても腕を早く回すことにより二重跳びや三重跳びの基礎とすることもでき、スポーツの際に必要な筋肉や肩の力を身に付けることもできます。

プロペラと飛跳び方はあやとびや駆け足跳びなどとは少し違いがある跳び方かもしれませんが、体を鍛えるという点ではプロペラもメリットがあるので、この跳び方もして欲しいと思います。
プロペラという跳び方を聞いたことがない人は、ぜひ一度子供達と一緒に遊び感覚でしてみるのも良いと思います。
縄跳びの跳び方の種類は数が多いですが、いろんな跳び方を知っておくことで体に必要ないろんな要素を吸収することができます。
ぜひ、この内容を縄跳びの参考にしてもらえればと思います。

縄跳び技
no image
あやとびの練習とコツ

前飛びと手をクロスさせながら飛ぶ交差飛びを交互に行うのがあや跳びです。 これができたらちょっとカッコイイですよね。 でも縄を交差させるなんて想像しただけで頭がこんがらがってしまいそうになるかたも多いの ...

スポンサードリンク



おすすめ記事

1

縄跳びでは腹筋と有酸素運動の効果が期待できます。 縄跳びは、この効果だけではなく適度に運動状態で負荷がかかっているので、インナーマッスルや瞬発力なども鍛えられるのです。 それに、縄跳びでの運動で鍛える ...

2

運動神経がよくなるや、身長が伸びる!と言われている縄跳びですが子どもが縄跳びをする効果とは何があるでしょうか? 子供の頃に縄跳びをしておくことで様々な効果が期待されています。 今回は、子どもの縄跳びの ...

no image 3

人間は、歩くから始まり走る、飛ぶ、スキップする事を覚えていきます。 成長する度に、運動が健康やスポーツに役立ち意味のある事に変わります。 中でも、学校では、勉強プラス人間教育、運動能力の基礎を学ぶよう ...

4

縄跳びはいつでもどこでも手軽にできるスポーツです。そんな縄跳びにはエクササイズ効果などもあって、ダイエットしたい人にもおすすめです。 縄跳びをするとどれくらいカロリーを消費することができるのでしょうか ...

-未分類
-,

Copyright© 縄跳びの効果大研究! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.