ダイエット効果 縄跳びの効果

縄跳びをして心肺機能強化を図ろう!

更新日:





縄跳びはいつでもどこでも手軽にできるエクササイズです。

縄跳びをすると健康的なメリットが得られるといわれており、そのメリットには様々なものがあります。

そこで、縄跳びで心肺機能を強化できるのかということや強化するにはどのようにすればいいのかという手などをご紹介してみたいと思います。

縄跳びの効果
ランニングの持久力を鍛える

縄跳びには、一重とびや交差跳び、二重跳び、後ろ跳びなど、色々種類がありますが、中でも、一重跳びが一番跳びやすく、縄跳びの失敗が少ない種類だと思います。 なので、トレーニングとして、縄跳びとをするなら、 ...

no image
瞬発力を鍛える

瞬発力を鍛えるの方法にはスクワットしながらジャンプしたり、ただ単にジャンプの練習、カエル飛びなどの方法などがありますが、最も一番効率的で簡単な方法の一つとして縄跳びがあります。 正直に言って縄跳びで瞬 ...

スポンサードリンク

縄跳びで心肺機能を強化できる?

縄跳びは一定のリズミで跳ぶというエクササイズで、有酸素運動により様々なメリットが得られるというスポーツなのです。

そのメリットの一つに、心肺機能を高めることができるという点が挙げられます。

つまり、縄跳びをすると心肺機能を強化することができるのです。
心肺機能とは、基本的に心臓と肺の機能のことです。心臓の働きとして、血液を全身に送ることで細胞が必要とする栄養を各細胞に届けるという役割があります。

そして、肺は血液の二酸化炭素と酸素を交換し、二酸化炭素を排出して酸素を取り入れるという役割があります。心臓の働きも肺の働きもどちらも私たちにとって不可欠な働きです。

縄跳びをするとこのような心肺機能を強化することができるのです。

まず、心臓から肺に血液が送られ、再び心臓に戻っていくのが肺循環です。

つまり、肺循環では体循環で心臓へと送られてきた二酸化炭素が多く含まれる血液が肺に送られた後、肺で新しく取り込まれた酸素と交換されます。

また、体循環は全身に栄養を運んだ後、各細胞から出された不要物を回収し、心臓へと戻すことで、不要物と栄養を交換するという働きが行われます。そして、これらの血液はその後、肺循環のプロセスを経て再び心臓に戻ってくるのです。

心肺機能は、体循環と肺循環という2つの循環が連携して機能しており、このような役割が心肺機能といわれていますが、このような心肺機能が向上していくことでいろんなメリットが得られると考えられているのです。
例えば、心拍数が減ることで心臓の負担が減り、疲れにくくなるというメリットが挙げられます。心肺機能が強化されるということは心筋の収縮力が強くなるということだといわれます。心臓の収縮力が強くなると、多くの血液を一度に送り出すことができるようになり、心拍数は減少します。

心拍数が減ることによって心臓にかかる負担が小さくなり、そのことで血圧が低下につながるといわれているのです。
そして、心肺機能が向上することで体をより効率的に維持することができて酸欠が起こりにくくなるといわれています。そのことで疲れにくくなります。そうなると、体力の向上にもつながりより健康的になれるといわれているのです。

そして、肺活量が大きくなることで、肺は酸素を取り込むのにより効率になるといわれています。

他にも冷えにくくなるということや肥満防止などの効果なども期待できるようになるのです。

このように、縄跳びには心肺機能を向上させるというメリットなどがあり、いつでもどこでもその場でできる縄跳びはとても注目のエクササイズといえます。

スポンサードリンク

心肺機能強化をするには?

心肺機能は酸素を全身に送るための働きで、肺から取り入れた酸素を心臓へ送り、心臓から体の各細胞へ酸素や栄養分を送り、各細胞から不要な物質を排出するためのプロセスなのです。

そのような心肺機能を強化することは、健康という点でもとても多くのメリットがあり、疲れにくくなったりスタミナをつけることができるようになったりということなどが挙げられたりします。

そのような心肺機能を縄跳びトレーニングを行うことで強化することができるのです。

縄跳びは一定時間行えば有酸素運動になります。

縄跳びをする時間は20分を目安とすると脂肪燃焼効果も期待できます。大切なポイントは自分のペースで無理なく跳べ、継続的に行えるペースで跳ぶということといえます。

例えば、早めのペースで30秒~40秒くらい跳んだら、60秒くらい普通のはやさで跳ぶといったことを無理なく繰り返してみるという方法などがあります。

縄跳びは呼吸するための腹筋なども切ら得られ、同時に足や腰なども鍛えることができます。心肺機能を鍛えるために、無理なく続けられるようにトレーニングしてみましょう。

まとめ

縄跳びは手軽に室内などでも続けられますので、天候などの心配もなく毎日続けることができる運動です。縄跳びを行うと心肺機能を強化することができるというメリットがあります。心肺機能とは心臓と肺の機能で、肺循環と体循環の流れの中で、心臓にかかる負担を軽くして、肺活量を高めたりすることができるというメリットなどがあります。

縄跳びは一定時間行うことで有酸素運動になります。

縄跳びをする時間などを20分を目安とすることで脂肪燃焼効果も期待できたりするのです。

心肺機能のトレーニングを縄跳びで行うという場合には続けることが大きなポイントになるといえます。自身のペースで無理なく跳べて、無理なく続けられるペースで縄跳びを行うということから始めると続けやすくなっておすすめです。

スポンサードリンク



おすすめ記事

1

縄跳びでは腹筋と有酸素運動の効果が期待できます。 縄跳びは、この効果だけではなく適度に運動状態で負荷がかかっているので、インナーマッスルや瞬発力なども鍛えられるのです。 それに、縄跳びでの運動で鍛える ...

2

運動神経がよくなるや、身長が伸びる!と言われている縄跳びですが子どもが縄跳びをする効果とは何があるでしょうか? 子供の頃に縄跳びをしておくことで様々な効果が期待されています。 今回は、子どもの縄跳びの ...

no image 3

人間は、歩くから始まり走る、飛ぶ、スキップする事を覚えていきます。 成長する度に、運動が健康やスポーツに役立ち意味のある事に変わります。 中でも、学校では、勉強プラス人間教育、運動能力の基礎を学ぶよう ...

4

縄跳びはいつでもどこでも手軽にできるスポーツです。そんな縄跳びにはエクササイズ効果などもあって、ダイエットしたい人にもおすすめです。 縄跳びをするとどれくらいカロリーを消費することができるのでしょうか ...

-ダイエット効果, 縄跳びの効果
-,

Copyright© 縄跳びの効果大研究! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.