ダイエット効果 縄跳びの効果

縄跳びでむくみは改善できるのか?どれくらいやると効果がある?

更新日:





縄跳びでむくみは改善されるのでしょうか。

この点については縄跳びをするとむくみを解消する効果が期待できるといわれています。

そこで、縄跳びでむくみを解消したい時にはどんな跳び方がいいのかということやどれだけ縄跳びをすればいいのかということなどについてご紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

縄跳びでむくみは改善されるのか?

縄跳びは昔からなじみがあるという運動で、小さな頃に練習したことがある人は多いのではないでしょうか。毎日寒い日が続いていると、寒さで筋肉が緊張してしまったり、血液の流れもスムーズにいかず、体も冷えがちになってしもやけなどになるという人もいますよね。

血液の流れが滞りやすい冬はむくみなどが起こりやすい季節といわれていて、夕方などになるとブーツのファスナーがむくみで上がりにくいということもあったりするのではないでしょうか。そのようなむくみを解消したいという場合、下半身の筋肉を動かすことで血流をよくする運動がおすすめです。そんな意味でも冬に縄跳びをするのは理想的といえ、縄跳びにはむくみ解消効果や足痩せ効果などがあるといわれていて注目されているのです。

縄跳びは何度も跳ぶことで、足を全体的に刺激してくれて血流をよくしてくれるというメリットがあるのです。そして、下半身のむくみ改善効果を期待することができるのです。そのため、縄跳びをすると血行が良くなりむくみがスッキリするという人も多く、むくみ改善におすすめです。

そして、縄跳びは太ももやふくらはぎなどに効果的に負荷を与えることができるので、筋肉を刺激してくれて脂肪を燃焼させてくれたり、代謝アップも期待できるのです。

どんなとび方がいい?

脚のむくみが解消すると脚がスッキリとなるので足痩せ効果がありますよね。むくみでパンパンになっていた脚をほっそりさせることにもなり足痩せダイエットにもなります。

そんなむくみ解消効果が縄跳びをして得られるなんてとてもうれしいですよね。
そんな縄跳びによる足痩せは、縄跳びさえあれば気軽にできるのです。縄跳びダイエットというダイエットをご存知でしょうか。
縄跳びダイエットはなわとびをすることで足痩せなどができるダイエットのことで、むくみ解消効果を得ることができるダイエット方法なのです。

基本的に縄跳びダイエットは有酸素運動の1つだといわれています。
有酸素運動はウォーキングやジョギングやエアロビなどと同じで、運動することで脂肪燃焼効果を得ることができるのです。

縄跳びダイエットは、10分を目安に跳ぶようにしましょう。しかし、10分はきついかもという人もいるのではないでしょうか。いきなり10分間縄跳びをするというのは大変ですし、まずは、休憩を入れながら飛んでみましょう。まずは、縄跳びを60秒ほどしたら、30秒ほど休憩します。そのような形で10分間跳んでみましょう。縄跳びダイエットは続けることが大切なので、無理なく続けられる時間跳びましょう。

そして、だんだんと慣れてきたという場合にはもう少し長くしていき、きついかもしれないと思う場合には跳ぶ時間や休憩時間を調整し、体への負担を少なくして跳び続けるといいですよね。

そして、慣れてきたら跳び方を変えてみるのはおすすめです。片足跳びをしたり、片足で跳びながら交互に入れ替えてみたり、二重跳びもいいですよね。縄跳びは跳び方が変えると使う筋肉も変わりますので、より効率的にむくみ化しようが期待できますよね。

スポンサードリンク

どれだけやればいい?

縄跳びダイエットは1回に長く跳ぶよりも、少しずつでも毎日続けて跳び続ける方がいいといえます。跳び方によって違った筋肉を鍛えることができて、縄跳びさえあればどこでもできるので手軽にエクササイズができます。
基本的には、無理ないようにしていくのがいいので、1日3分をめざし、慣れてくれば徐々に長くしていくのがおすすめです。10分くらい跳ぶことができたらいいですよね。

しかし、続けることが大切なので、10分で3日坊主になるより、3分で1年続けるつもりで行うのがいいですよね。そうすれば、むくんでもすっきりとできるようになって脚のラインもきれいになりますよね。
また、
しかし、最初から3分を目指すのはきついという場合なら、最初は1分間跳び続けることを目標にするといいですよね。縄跳びでむくみ解消をしたいという場合も体に負担がかからないよう跳ぶことが大切なのです。

まとめ

縄跳びをするとむくみを解消する効果が期待できるといわれていますよね。むくみが解消するとすっきりとした脚になれますので、縄跳びには足痩せ効果もあるといわれているのです。
縄跳びでむくみを解消したい時には跳びたい跳び方で無理せず飛んでみましょう。縄跳びは一度に長く跳ぶよりも、短い時間でも続けるようにすることがポイントだといわれていて、はじめは1分からでも、跳びやすい方法で跳んで、慣れてきたらいろいろとチャレンジしてみましょう。

スポンサードリンク



おすすめ記事

1

縄跳びでは腹筋と有酸素運動の効果が期待できます。 縄跳びは、この効果だけではなく適度に運動状態で負荷がかかっているので、インナーマッスルや瞬発力なども鍛えられるのです。 それに、縄跳びでの運動で鍛える ...

2

運動神経がよくなるや、身長が伸びる!と言われている縄跳びですが子どもが縄跳びをする効果とは何があるでしょうか? 子供の頃に縄跳びをしておくことで様々な効果が期待されています。 今回は、子どもの縄跳びの ...

no image 3

人間は、歩くから始まり走る、飛ぶ、スキップする事を覚えていきます。 成長する度に、運動が健康やスポーツに役立ち意味のある事に変わります。 中でも、学校では、勉強プラス人間教育、運動能力の基礎を学ぶよう ...

4

縄跳びはいつでもどこでも手軽にできるスポーツです。そんな縄跳びにはエクササイズ効果などもあって、ダイエットしたい人にもおすすめです。 縄跳びをするとどれくらいカロリーを消費することができるのでしょうか ...

-ダイエット効果, 縄跳びの効果
-

Copyright© 縄跳びの効果大研究! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.