縄跳びの効果

縄跳びで効果的に骨盤底筋を鍛えられる!どれくらいやればいい?

更新日:




</script>体を鍛える点で、普段から運動をする習慣をつけている人も多くいると思います。
体を鍛えるには、ジョギングやジムに通うなどの、いろんな方法があります。
しかし、体を鍛えるために縄跳びを行なっている人は少ないかもしれません。

縄跳びで体を鍛えることで、体のいろんな部分を鍛えることができます。
縄跳びで鍛えられる部分に骨盤底筋もあります。

骨盤底筋は女性の健康や体型を支える役割を持っている場所として、注目されている筋肉組織です。

縄跳びによってどのように効果があるのか詳しく紹介していきたいと思います。

効果
ヒップアップ効果とは?

縄跳び運動は消費カロリーが大きくて、体を引き締める効果も高いですし、スペースさえあればどこでも手軽に出来るものです。 この運動は脂肪燃焼、下半身の引き締め、代謝アップ、むくみや冷え性改善等の効果に期待 ...

スポンサードリンク

縄跳びで骨盤底筋を鍛えるのに有効?

骨盤底筋は骨盤の中にある筋肉の総称です。
骨盤底筋は膀胱や直腸などを動かす役割を持っているため、とても重要な部分となります。

もし、骨盤底筋が緩んでくれば、便秘などにつながるため、骨盤底筋を鍛えておくのは大事だと言えます。
骨盤底筋を鍛えるためには、縄跳びが効果的と言えます。

縄跳びで跳ぶことによって、跳んで着地した後の衝撃が骨盤底筋に負荷を与えるので、骨盤底筋の筋肉を鍛えることができます。
骨盤底筋はジャンプをして着地する行動を繰り返すことで、自然と骨盤底筋を使うようになります。

他の運動方法では脂肪などを燃焼して、余分な脂肪を落とすことや、体の筋肉を鍛えることはできますが、骨盤底筋を使って鍛えるということは難しいようです。

骨盤底筋を重点的に鍛えたいならば、縄跳びを跳ぶことで骨盤底筋を動かすことができるので、効果的だと言えます。
また、縄跳びを跳ぶことによって、足の筋肉や持久力を鍛えることにもつながるので、縄跳びの運動は良いと言えます。

どれくらいやればいい?

縄跳びによって骨盤底筋を鍛えるには、行う頻度が大事になります。
骨盤底筋を動かすことでは無く、鍛えるということなので、しっかり跳ぶ必要があります。

縄跳びを使用して骨盤底筋を鍛える時間は、大体15分から20分程度を毎日続けていくと良いです。
毎日15分も縄跳びを跳ぶと考えると、少し難しいと感じるかもしれませんが、可能な範囲で毎日行うことが大事です。

縄跳びの跳び方も普通の前跳びでも効果は出ますが、二重跳びなどの少し激しめの跳び方を行うと、骨盤底筋により多くの負荷がかかって効果が表れやすいです。

二重跳びが難しければ、とりあえず普通に跳ぶだけで問題はありません。
跳び方に飽きてきそうならば、跳び方を変えるなどして、持続できるように工夫することもできます。
縄跳びを跳ぶトレーニングで、毎日骨盤底筋を鍛えていけば、1、2ヶ月経ったときに効果が表れてきます。

人によって効果が表れる期間には違いがあると思いますが、必ずある程度の効果は出てくるはずなので、続けて縄跳びをして運動することが必要です。
すぐには効果が表れることは無いので、長期的に見て縄跳びの骨盤底筋トレーニングをしてください。

スポンサードリンク

骨盤底筋を鍛えるメリットは?

骨盤底筋を鍛えると得られるメリットは、先ほど紹介した便秘の改善以外にも効果があります。
まず、骨盤底筋を鍛えることで尿もれや頻尿などのトラブルを改善することができます。

骨盤底筋は尿道や肛門を閉めたり開けたりする役割があるため、骨盤底筋を鍛えることで、開け閉めの強化がされて、尿もれなどの改善になります。

骨盤底筋が衰えてくるとこのような症状が出てくるので、骨盤底筋を鍛え直せば、症状を改善できる確率が高いです。
また、骨盤底筋はは下半身にある筋肉であり、腹筋や背筋、太ももなどにつながっています。
そのため、骨盤底筋を鍛えることで、体の軸を安定させることにつながり、ボディーラインをきれいにすることができます。

骨盤底筋が衰えてくるとボディーラインが崩れてくるので、その部分を改善したいと思う人も、骨盤底筋を鍛えることで解決することにつながります。

また、骨盤底筋を鍛えてボディーラインが良くなれば腰痛や肩こりの解消につながることもあります。
姿勢が悪いために起きてしまっていることがあるので、骨盤底筋を鍛えて姿勢を良くするなら、それらの症状の解決につながるかもしれません。
骨盤底筋を鍛えることによりこのようなメリットがあります。

まとめ

骨盤底筋を鍛えることで、下半身や体の問題などの解決につながり、多くの悪い症状を解決することができます。
骨盤底筋を鍛えるには縄跳びをして鍛えることが効果的なため、毎日縄跳びをして、骨盤底筋を鍛えてください。

最初は無理をせずに、しっかり休憩を取りながら15分ほど縄跳びで跳んでいると良いと思います。
骨盤底筋が鍛えられてくると、今まで尿もれなどの症状があった人も改善されることに気づくと思います。

つまり、症状が改善されたときに骨盤底筋が鍛えられたと感じます。
骨盤底筋は人間の軸にある筋肉などで、どんな人も鍛えていて損はありません。
健康を維持することにもつながるので、ぜひ縄跳びで骨盤底筋を鍛えてみてください。

スポンサードリンク




おすすめ記事

1

縄跳びでは腹筋と有酸素運動の効果が期待できます。 縄跳びは、この効果だけではなく適度に運動状態で負荷がかかっているので、インナーマッスルや瞬発力なども鍛えられるのです。 それに、縄跳びでの運動で鍛える ...

2

運動神経がよくなるや、身長が伸びる!と言われている縄跳びですが子どもが縄跳びをする効果とは何があるでしょうか? 子供の頃に縄跳びをしておくことで様々な効果が期待されています。 今回は、子どもの縄跳びの ...

no image 3

人間は、歩くから始まり走る、飛ぶ、スキップする事を覚えていきます。 成長する度に、運動が健康やスポーツに役立ち意味のある事に変わります。 中でも、学校では、勉強プラス人間教育、運動能力の基礎を学ぶよう ...

4

縄跳びはいつでもどこでも手軽にできるスポーツです。そんな縄跳びにはエクササイズ効果などもあって、ダイエットしたい人にもおすすめです。 縄跳びをするとどれくらいカロリーを消費することができるのでしょうか ...

-縄跳びの効果
-, ,

Copyright© 縄跳びの効果大研究! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.