縄跳びの効果

縄跳びで土踏まずって鍛えられる?痛くならないためには?

更新日:





手軽にできる全身運動として注目されている縄跳び。

土踏まずを鍛えるのにも効果があるのでしょうか?

そこで、その点についてご紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

縄跳びで土踏まずが痛くなる原因

初めて縄跳びをした場合、足の裏側にある土踏まずが筋肉痛。という人もいるかもしれませんよね。

縄跳びをすると、脚を鍛えることにもつながって土踏まずをはじめとする太ももの辺りやふくらはぎなどの脚の筋肉を全体的に鍛えることができるといわれているのです。

そのため、運動不足気味の人やあまり歩かないという人も縄跳びをすると土踏まずが鍛えられ、その結果、筋肉痛が起こって土踏まずが痛くなったということになると考えられてるのです。

対処法

縄跳びをして土踏まずが筋肉痛になったということはある意味で縄跳び運動の効果といえますよね。

長い間運動不足でいると足の裏の土踏まずが退化したり、発達しなかったりしてペタンとした状態になってしまいます。真っ直ぐになってしまったような状態の足の裏は、体重がうまく分散せず、歩いたりしると脚の衝撃を和らげてくれるようなバネの機能が弱まってしまうといわれていて、他の筋肉や関節、骨などに負担がかかりやすくなってしまうといわれています。

そうなると、足が疲れやすくなってしまったり、怪我しやすくなってしまうのです。

縄跳びをすると足の裏を適度に鍛えることができますので、土踏まずが形成され、その過程で筋肉痛が生じるという場合がありますよね。
しかし、急激に筋肉痛が起こってしまうと継続的に縄跳びをするのも辛いという状態になって、せっかくの運動の機会を亡くしてしまうということにもなってしまいますので、足裏は適度に鍛えつつも足裏の筋肉への負担をより軽減するという点で対処しておくといいですよね。

そして、無理なく続けていくようにしましょう。

まず、縄跳びをする時に合わない靴を履きながらジャンプすると脚により負担がかかってしまいますよね。そのため、靴は自分の脚に合ったものを履くようにしましょう。そして、靴に衝撃吸収性の高いインソールなどが使われているものを選ぶとより衝撃が軽くなって、脚に必要以上の負担がかからないので、足裏の筋肉にとってもおすすめです。

スポンサードリンク

縄跳びで足裏を鍛えることは可能か?

縄跳びをすると脚を全体的に鍛えることができます。

そのため足の裏も鍛えるということができるといえますが、あまりに負担がかかる方法で無理をするということには気をつけて、適度に縄跳び運動をしていきましょう。

例えば、縄跳びをしていたら足の裏に違和感が生じるようになり、足裏が筋肉痛になったと思ってそのまま運動していたという人がいます。痛みは消えなかったけれどもそのまま跳び続けたら痛くて跳べなくなったということだったのです。

確かに縄跳びをしていると適度に跳んでも足裏が筋肉痛になったことがあるという場合はあるといえます。しかし、飛べなくなるほどの痛みが生じてしまった場合、それは筋肉痛ではなく足底筋膜炎という症状が起こっている場合があるといえます。

つまり、内部の炎症が起こってしまったということなのです。このような炎症は足裏に負担がかかってしまったことで生じ、このような炎症が見られてしまった場合、脚にとっては適度な運動であったということにはならないといえます。そのため、炎症が治るまでは縄跳びができないということになってしまうのです。

足底筋膜炎は、足底筋膜という足の裏の指の付け根辺りから踵まで張っている膜のようになっている筋肉に炎症が起きて、痛みが生じている状態です。土踏まずの部分が張ったような感じでピリリと痛みがはしります。

 

必要以上の負担が足底筋膜にかかってしまったことが理由の一つといわれ、クッション性の高い靴底などで脚に合った靴を履いて無理をしないで縄跳びをすることが必要です。
そのため、足裏をトレーニングするということはできますが、過度の負担罹らないようにして足底筋膜炎にならないように気をつけながら縄跳びを行うことは大切なのです。

縄跳びで偏平足は治せる?

縄跳びをすると偏平足が治せるかという点については可能性はあるといえます。

偏平足は足の真ん中の骨が下がっている状態で、アーチ形になっている土踏まずに舟状骨という骨があり、その骨には後頸骨筋というふくらはぎの筋肉が付いている構造をしているといわれています。

この筋肉は足裏のアーチ形成に関わっているといわれており、縄跳びをすることでそのふくらはぎの筋肉をしっかりと動かすことができ、縄跳びをすることで偏平足を治すことができるといった可能性があるといえます。

効果的な跳び方とは?

縄跳びの効果的な跳び方としては、まずは、ケガをしないように飛ぶということが前提といえます。

例えば、交互に足を入れ替えて跳ぶかけ足跳びは足への負担を減らすことができてケガをしにくいといわれています。自分の体力に合わせて無理なく跳んでだんだんと長い時間跳べるようにしていくのはおすすめです。
く など様々な要因で、足底筋が衰えている人が多いようなので、縄跳びをすると、身近で

まとめ

土踏まず形成にもおすすめの縄跳び運動ですが、無理なやり方でケガにつながる場合もあり、適切な方法で行うようにしましょう。

スポンサードリンク



 

おすすめ記事

1

縄跳びでは腹筋と有酸素運動の効果が期待できます。 縄跳びは、この効果だけではなく適度に運動状態で負荷がかかっているので、インナーマッスルや瞬発力なども鍛えられるのです。 それに、縄跳びでの運動で鍛える ...

2

運動神経がよくなるや、身長が伸びる!と言われている縄跳びですが子どもが縄跳びをする効果とは何があるでしょうか? 子供の頃に縄跳びをしておくことで様々な効果が期待されています。 今回は、子どもの縄跳びの ...

no image 3

人間は、歩くから始まり走る、飛ぶ、スキップする事を覚えていきます。 成長する度に、運動が健康やスポーツに役立ち意味のある事に変わります。 中でも、学校では、勉強プラス人間教育、運動能力の基礎を学ぶよう ...

4

縄跳びはいつでもどこでも手軽にできるスポーツです。そんな縄跳びにはエクササイズ効果などもあって、ダイエットしたい人にもおすすめです。 縄跳びをするとどれくらいカロリーを消費することができるのでしょうか ...

-縄跳びの効果
-,

Copyright© 縄跳びの効果大研究! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.